2011年11月13日

ハラ ミュージアム アーク

386562f4.jpg品川にある原美術館の別館。磯崎新の建築。
http://www.haramuseum.or.jp/generalTop.html
http://www.greenbokujo.co.jp/harc.html

7/27に特別展示室 觀海庵がオープン。
事前知識が無ければ気づかないほど、他の棟とも環境とも調和していた。


觀海庵は古美術から現代美術まで展示する、書院造りを参照とした建築。
http://www.haramuseum.or.jp/arc/kankai/
本当に薄暗い照明は、古美術制作当時のロウソクの明かりに近い照度だとゆう。
またその薄暗さは、日没直後の水平線を写した作品にとっては、恐ろしい臨場感を醸し出す。

ギャラリースペースはA,B,Cの三種類。
あまり広くないような印象を最初に感じたが、見応えは充分。
高い天井と、黒を基調としたスペースで、気持ちよく鑑賞できる。
一歩外に出れば猛暑の夏だか、
(空調が効いているにせよ)展示室に入ると、空気が一変するような緊張感の支配する空間。


Black design
http://www.blackdesign.jp/
posted by webbaka at 02:32| 日記

2011年01月25日

9h nine hours

9hr

京都のカプセルホテル、ナインアワーズに泊まってきた。
http://9hours.jp/

2010年度グッドデザイン金賞も受賞したデザインホテルです。白を基調にした本当に美しい内装。壁面に描かれたシンプルで分かりやすいサイン表示は、言語に頼らずアイコン的なデザインで、外国人にも分かりやすい。
不特定多数の人が利用するホテルという業態で、この壁の白さを維持して行くのは大変なことなのだろうなあ。特にエントランスからフロント、ラウンジへの空間が素晴らしい。

1階:フロント、ラウンジ
2階:女性専用ラウンジ
3階:女性用のロッカー/洗面所/シャワー
4階〜5階:女性専用のカプセルホテル
6階〜8階:男性専用のカプセルホテル
9階:男性専用のロッカー/洗面所/シャワー

ロッカーには館内用のくつろぎ着とシャンプー歯ブラシなどのアメニティ、タオルが入っている。奥にはシャワーブースが並び、更に奥には浴槽もある。
ラウンジではwifiも使え、また飲食できる場所は館内でここだけ。
エレベーターは男性専用と女性専用が一台ずつ。チェックイン/アウトのときは混み合ってなかなか来ないこともあり。
カプセルホテルは割と大きめで、中腰になっても頭がぶつかる心配は無い。布団はやや薄めです。
館内のトータルデザインが見事に統一されていて、視覚的には本当に満足できる空間でした。

とはいえ構造的にはカプセルホテルなので、同じフロアにいびきの五月蝿い人がいると、寝付きにくい空間になってしまうこともあり。フロントに頼めば別のフロアに変えてくれそうだけど、宿泊客が少ないときは1フロアに客をまとめたいらしく、耳栓(100円)を勧められることもあり。。

デザイン的は完璧と言ってもいいホテルだけど、それが宿泊客にとって心地よい空間であり続けられるかは別問題ではありますね。
とはいえ全く新しいホテルだし、応援したいです。国際観光都市である京都の立地において、今後どのように評価されて行くのかも興味深い。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog_b/



posted by webbaka at 15:27| 日記

2009年10月19日

ZIGZAG 伝統革新 未来を走るイタリア

78764665151



日本化学未来館の特別展示。
http://www.miraikan.jst.go.jp/spevent/zigzag/
世界を魅了するイタリアの自転車やスポーツカー。その美しいフォルムには卓越した機械工学と先進のテクノロジーが凝縮されています。
オートバイ、自動車、自転車、鉄道、船舶、航空宇宙から新素材まで。伝統と革新の間をジグザグに駆け抜けるイタリアの最先端テクノロジーを、鉄道に乗り、船を楽しみ、最後は宇宙にたどり着くという、時空を超えたストーリーの中で紹介していきます。


職人の技術とルネッサンスから続く美意識。イタリアのプロダクトには独特の魅力がある。とはいえ我々が普段目に出来るのは超高級車フェラーリとかなどに限られてしまうのだが。
今展はイタリアの日常的に目にするプロダクトやB to Bの商品なども展示され、なかなか普段目にしないものを通じて、イタリアのモノに対する考え方を改めて見て取ることが出来た。
形が性能に与える影響と、美しさが使う人の心に与える影響と、秤にかけたら間違いなく後者を取る。芯の一本通った揺るぎない信念が感じられる。


Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/

posted by webbaka at 20:04| 日記

2009年08月14日

PRキャラ「夕張夫妻」がカンヌ国際広告祭最高賞

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/173307.html
【夕張】財政破綻(はたん)した夕張市を夫婦円満のマチとしてPRするキャラクター「夕張夫妻」が23日、世界三大広告賞の一つ、フランスのカンヌ国際広告祭のプロモーション部門で、最高賞のグランプリを獲得した。世界各国の応募作1118点の中から選ばれた快挙で、関係者は喜びに沸いている。
 「夕張夫妻」は、同市が抱える「負債」と、離婚率が全国でも最低水準とされる同市にちなんだキャラクター。2007年に広告会社ビーコンコミュニケーションズ(東京)のクリエーティブディレクター三寺(みつでら)雅人さん(33)が制作した。
 夕張メロンを模した髪形が特徴のデザインで、キャッチフレーズは「金はないけど愛はある」。同市や夕張リゾートなどが協力し、夫婦円満の証明書を発行する架空の「夫婦円満課」を市役所やホテルに設置、土産品の包装紙にも使っている。
 同広告祭は、ともに米国の「ワンショー」「クリオ賞」と並ぶ世界的な広告賞で、各国の有名企業などのテレビCMや印刷広告を審査。プロモーション部門は、優れた新しい広告手法が評価対象だ。夕張夫妻はPR部門でも準グランプリの金賞を受賞した。
 三寺さんは「夕張夫妻を世界にアピールしたいと応募したが、最高賞にとても驚いた。地域を巻き込んだ広告手法が評価されたようだ。日本語の壁を越えてPRする方法が認められて、うれしい」と話している。


日本語のダジャレ的な表現を英語文化圏の審査員がどのように見たのかが興味深いが、
http://work.canneslions.com/promo/
公式サイトのプレゼンボードによると、
"Fusai" means both "debt(負債)" and "spouse" in Japanese
と直訳プレゼンですね。
広告手法もさることながら、不景気な時代の気分の反映と、それを地方自治体が自虐的な表現をしたことが評価されたのかな。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/
posted by webbaka at 10:55| 日記

2008年08月08日

ネットプリント

b89b82be.jpg愛用のプリンターでの出力が、なぜかいつもより赤味が弱く出る。
全く赤味が出ないなら、そのトナーのトラブルだと思うのだが
弱いだけなので原因がわからない。

そこでとりあえず、ネットプリントを試してみることに。
http://www.printing.ne.jp/

パソコンからPDFなどをアップロードし、
プリント予約番号をメモ。
セブンイレブンに向かいプリンタに予約番号を打ち込むと
出力されるというサービス。

カラーA3は100円、B5・A4・B4は60円。
アップロードも速いしプリントも速い。
ファイルにダウンロードする際のパスワードを別途設定可能なので
ある程度のセキュリティも保たれている。

プリントのクオリティは、
やはり出力枚数の多いコンビニカラーコピー機的な疲れは若干感じるが、
思ってたより色の精度は高い。
忙しいときはカンプの出力に充分耐えそう。


もちろんそう遠くないところに出力センターはあるし、
バンフーやリスマなどメガ出力センターも、自転車圏内に複数存在するが、
日本全国どこにでもあるセブンイレブンで24時間自由にプリントできる環境というのは
凄いとしか言いようがない。

単純出力だけでなく、色んな活用方法があると思います。
例えば出張中のクライアントに、近くのセブンでプリントしてもらって確認いただくとか。
(プリント代がクライアントに掛かってしまうのは問題だが)

非常に面白いサービスなので、他のコンビニも
他のコピー機メーカー(キャノン、コニカミノルタ、リコー)と手を組んで始めて欲しいものです。

写真は全然関係なく、廊下から見える夕暮れ。


Black design
http://www.blackdesign.jp/

posted by webbaka at 04:15| Comment(0) | 日記

2008年08月01日

青山ブックセンター破綻

http://www.zakzak.co.jp/top/2008_07/t2008073130_all.html
書店チェーンの青山ブックセンター(ABC)や流水書房を運営する洋販ブックサービス(本社・東京)が31日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。負債額は約54億円。申請代理人側によると、書店の営業は通常通り続けるという。再生に向けたスポンサーとして、中古書店大手のブックオフコーポレーションの名前が浮上している。グループ会社の洋書卸大手、日本洋書販売も同日、同地裁に自己破産を申請した。負債額は約65億円。
青山ブックセンターは写真集など芸術性の高い品ぞろえで人気を集めたが、バブル期の不動産投資の損失で経営が悪化し、運営会社が2004年、取次会社に破産を申し立てられ、全店営業中止に追い込まれた。この際、再建に乗り出したのが日本洋書販売だった。
 受け皿会社として05年に洋販ブックサービスを設立して青山ブックセンターの営業を再開し、流水書房などの書店事業も運営していた。同社のホームページによると、昨年11月末時点で約5億円の債務超過に陥っていたという。
 帝国データバンクによると、日本洋書販売は1953年11月に洋書の卸販売を目的に設立。「NEWSWEEK」「TIME」など有名雑誌や「ハリーポッター」シリーズなど一般書籍を扱っていた。92年9月期には年間売上高約96億円を計上していたが、インターネット販売の台頭や、投資に伴う有利子負債が収益を圧迫していた。
 06年1月にはグループの再編を実施し、ファンドが出資する純粋持ち株会社インターカルチュラルグループの傘下で経営再建を模索していたが、店舗閉鎖など積極的なリストラ策の影響から07年11月期は約10億円の最終赤字に陥り、資金繰りが悪化していた。


嗚呼、アマゾンなどのネット書店、ブックオフなどの古本屋の台頭なども影響してるのかしらんが、
本屋の暗黒時代ですな。
国の文化度を測るバロメーターには、劇場だの美術館だの図書館だのあると思うが、
専門性の高い本屋も影響力は高いよなあ。
売上げが伸びないのは我々の責任だけれども、
国の財政で支援しても良い本屋です。くだらない銀行なんかよりも。


Black design
http://www.blackdesign.jp/

posted by webbaka at 00:05| Comment(0) | 日記

2008年07月29日

JAGDA新人賞受賞作家作品展2008

http://www.jagda.org/news.html#_new2008
[滋賀]2008年7月24日(木)〜8月3日(日)
    成安造形大学 ギャラリーアートサイト

 ▼JAGDA ONE DAY SCHOOL「グラフィックデザインの新しい表現」
  日 時:8月3日(日)14:00-16:00
  参加費:無料/要申込
  ゲスト:岡室健・小杉幸一・福岡南央子・丸橋桂
  申込み:成安造形大学 ギャラリーアートサイト
      (geibun@seian.ac.jp FAX.077-574-3595)
      ※1.講座名、2.氏名、3.性別、4.年齢、5.電話番号、6.郵便番号、
       7.住所、8.職業、9.メールアドレス、10.講座は何で知ったか。

以下、各地を巡回予定


※JAGDA新人賞2008受賞者4名によるブログを開設!
http://jagdanew2008.jugem.jp/


JAGDAは、優秀な若手デザイナーをクローズアップし、グラフィックデザイン界の活性化を図るため、1983年に新人賞を創設。毎年、会員作品集『Graphic Design in Japan』出品者の中から、入選作品全体の評価の高かった39歳以下(10月末日現在)のデザイナーに授与しています。
26回目となる今回は、2007年11月28日-29日、『Graphic Design in Japan 2008』掲載作品選考会において行われました。対象会員194名の中から、規定の得票作品を持つ19名を候補者とし、厳正な選考の結果、岡室 健・小杉幸一・福岡南央子・丸橋 桂の4名に決定いたしました。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
posted by webbaka at 23:18| Comment(0) | 日記

2008年07月03日

0円印刷キャンペーン(100部)

da60c99e.jpghttp://p-net.com/html/campaign.html
http://p-net.com/html/topics080701.html

エコと品質の印刷通販サイト「P-NET(ピーネット)」『おためし100部0円キャンペーン』を開始
P-NET(ピーネット)では、印刷通販サイトP-NET(ピーネット)製品の、環境への取組みや高品質を実感していただくため、2008年7月1日から7月15日まで毎日先着50名限定の『おためし100部0円キャンペーン』を開始しました。
『おためし100部0円キャンペーン』は、環境問題に取組む企業・個人に対して有害な廃液が一切発生しない「Waterless(水なし)印刷」への移行を促すきっかけや、仕上がりにこだわるデザイナーやクリエイターの方々に従来の約2倍の鮮明画質を実現する高精細「FineScreen300」を実感していただく機会を提供します。
『おためし100部0円キャンペーン』はポスター、フライヤー、二つ折りパンフレット、ポストカードの各サイズ全17製品に対応しており、100部以上のご注文の場合、100部分の値引きが適応されます。
また『おためし100部0円キャンペーン』は、すでにP-NET(ピーネット)の印刷通販をご利用の登録会員にも適用され、期間中1回に限り同サービスをご利用いただけます。
【おためし100部0円キャンペーンについて】
◆2008年7月1日(火)午前9時30分から7月15日(火)午後8時まで
◆毎日先着50名様限定 (登録会員様期間中1回限り)
◆対象の印刷通販製品を100部無料提供 (100部以上の場合100部分値引き)
●対象の印刷通販製品
・キャンペーンポスター印刷 2サイズ
・キャンペーンフライヤー印刷 8サイズ
・キャンペーン二つ折りパンフレット印刷 6サイズ
・キャンペーンポストカード印刷  1サイズ


なんともありがたいキャンペーン。
Black designは営業用のパンフレットやカレンダーなどはよく制作してるのだが、
今回は、ポスターを選択。
ポスターデザインは好きなのだけど、Black designポスターを貼ってくれる所も思いつかないので
あんまり作る機会が無いので、この機会を利用してみます。
(もし貼ってくれる所がありましたら、納品後送らせていただきます。下記フォームより申込ください)
http://www.blackdesign.sakura.ne.jp/tmresmail3/index.cgi


こちらの印刷所さんの特徴は、環境に優しい「Waterless(水なし)印刷」と、
http://p-net.com/html/waterless.html
高精細な「FineScreen300」印刷ですね。どんな風に出来上がるのか楽しみです。
http://p-net.com/html/finescreen.html

Black design
http://www.blackdesign.jp/

posted by webbaka at 11:33| Comment(0) | 日記

2008年04月13日

バウハウス・デッサウ展/BAUHAUS experience, dessau

53cb6120.jpghttp://www.bauhaus-dessau.jp/
この度、産経新聞社と東京藝術大学は2008年4月26日(土)から7月21日(祝・月)まで東京藝術大学大学美術館[東京/上野]において「バウハウス・デッサウ展/BAUHAUS experience, dessau」を開催いたします。
本展はドイツ、デッサウ市にて活動を展開するバウハウス・デッサウ財団所蔵のコレクションから日本初公開となる146点を含む、241点を中心に、国内外から集められた260点におよぶ貴重なプロダクト(製品)と資料によって構成されます。バウハウス・デッサウ財団所蔵のコレクションが、これほどの規模で、ドイツ国外で紹介されるのは、例がなく、世界的にみても本展が初の試みとなります。
これまでもバウハウス展は日本において数多く開催されてきました。しかし、本国ドイツのコレクションを基幹とする展覧会は、1995年のセゾン美術館での展覧会以来、国内では13年ぶりの開催となります。また、2009年にはバウハウス誕生90年を記念して、バウハウス・アルヒーフ(ベルリン)やニューヨーク近代美術館/MOMAでも「バウハウス展(仮)」の開催が予定されており、本展はそれに先駆け、バウハウスとその活動の理念を大きく展観する貴重な機会となります。
バウハウスといって広く一般に知られているベルリンのバウハウス・アルヒーフに対し、ヴァイマールとデッサウは東ドイツ圏内に位置していたこともあり、東西ドイツが統一されるまで、実際の建物やその内部、活動の全容が一般に紹介される機会は多くはありませんでした。今回の「バウハウス・デッサウ展/BAUHAUS experience, dessau」では、デッサウ(1925〜1932年)での活動を中心に当時の文化動向や社会情勢との関わりも紹介しながら、バウハウスというデザイン運動の核心とその誕生の起源に迫ります。
当時の先端技術と芸術を融合して本当の意味での機能美、造形美を目指したバウハウス。そしてその造形の最終目的を建築と掲げたバウハウス。閉鎖から75年経った今でも、私たちの生活のなかに確かに息づいているバウハウス・デザインとその理念を、ぜひ「バウハウス・デッサウ展/BAUHAUS experience, dessau」でご高覧、ご堪能いただきたく、ご案内申し上げます。
デザイン・プロダクツのある生活があたりまえになった今、デザインや建築に関する展覧会も数多く開催されています。そんななか改めて“デザインのバイエル”ともいえるバウハウスを知ることは、デザインの原点を知り、昨今のブームから一歩踏み込んで、自分たちの身の回りにあふれるデザインについて考える貴重な機会となるにちがいありません。もし、バウハウスがなかったら、私たちのライフスタイルはどのようなものになっていたのでしょうか。それほど現代の私たちの生活の中には、バウハウス・デザインと理念をルーツとするものが息づいているのです。生活の一部として普及し、発展していった文化としてのデザイン。来年、バウハウス誕生90周年を迎えようとする今、近代デザインの大きな流れを決定づけたバウハウスについて、もう一度、検証する時期が来たといえるでしょう。
【タイトル】
バウハウス・デッサウ展 BAUHAUS experience, dessau
【会  期】
2008年4月26日(土)〜7月21日(祝・月) 月曜休館
(ただし、5月5日(月)、7月21日(月)は開館。5月7日(水)は休館)
【開館時間】
午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
【会  場】
東京藝術大学大学美術館[東京・上野公園]
(〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8)
【観 覧 料】
一般1,400円(1,200円)、高校・大学生800円(700円)



グラフィックデザイナーとしたら、絶対に見に行かなければならない展覧会でしょうね。今から楽しみです。
大学時代にも体系的な部分は学ぶ事が出来たし、ちょっとだけ本を読んだけど、いま思うと浅く広い知識しか得てないバウハウスの事。もう一度、まっさらな気持ちで吸収してきたいと思います。

ワークショップもあるようです。
http://www.bauhaus-dessau.jp/event.html
「英語のみのレクチャー」らしいです。ちょっと残念。聴講だけでもできたら良いのになあ。



Black design | 宣伝・広告・デザイン業界:専門用語辞典
バウハウス
http://www.blackdesign.jp/blackhtml/dic_h1.html#a16


Black design
http://www.blackdesign.jp/

posted by webbaka at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年05月26日

3D景観作成ソフトのVUE 6を購入

1fb23735.jpg







フォトリアルな3D景観が作成できるソフト、VUE 6を購入。



地形をコントロールして画像化できるのが「神様の視点」っぽく、なかなか愉快。空も水面もかなりリアルに再現してくれる。

問題点
・先週発売されたバージョンなので、安定性が低い。特にアプリ終了が極めて不安定で強制終了しなければならんことが多々ある
・macなのにwinのファイル管理システムの単語が入ってたりする。全体的に日本語ローカライズが甘くて意味不明な表現も多い。
・プリインストールされてる設定の並びに、webで購入しないと使えない設定が並んでたりして、一個数ドルとはいえ、ちょっと違和感。買わないと使えないものは非表示にして欲しい。



・グラフィックデザイン/3DCG製作/広告制作のご用命は、
 経験豊富なデザインプロダクションのこちらへ
Black design
http://www.blackdesign.jp

・宣伝広告デザイン:専門用語辞典
http://www.blackdesign.jp/blackhtml/dic_00.html

・宣伝広告デザイン:情報源
http://www.blackdesign.jp/blackhtml/i_1.html
グラフィックデザイン/広告業界で良く使われる情報をまとめた
宣伝広告デザイン情報源ポータルサイトです。どうぞご活用ください。
posted by webbaka at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記